『ポケカ』来たる今週末!!リザードンHR争奪戦③(三男)

終わった…。

終わりましたよ…。

リザードンHR争奪戦!

いやぁたのしかった!ドキドキした!胃が痛かった笑。

あの緊張感ある場所は少し苦手でした笑。

まずは結果を先に報告します!

予選敗退!!

はい!ここから先は結果を知っていてもなお読んでいただける菩薩のような方々のために書いていこうと思います!

このお題で3回に渡って書いてきたので、さすがに結果だけ報告というのもさみしいと思ったので、

もう少しだけ詳細を書いておきますので読んでもらえると嬉しいです。

パック開けやもろもろ前準備があったんですがそれはもう飛ばして書いていきます笑。

自分の構築デッキ

今回組み上げたデッキは『草』、『鋼』の2色デッキ。

ザルードVとトゲキッスV、Vmaxをメインアタッカーにしつつ、メガヤンマ、ルカリオをサブアタッカーとしたデッキだ。

メタグロス系も揃っていたがシールド戦は40枚構築。

デッキを圧迫してしまうと思い、組まなかった。

サポートグッズ系はポケモンいれかえとモーモーチーズ以外は揃っていてまぁまぁの仕上がりだったと思う。

それではいこう!

一戦目!

初めてのシールド戦の初戦ということもあり、ガチガチに緊張してたが、対戦相手の人はものすごく人当たりのいい人でした!

挨拶もしっかりしてくれてお互いが進めやすい細かいルールもすんなり決めれた。

さぁいざ勝負!

ジャンケンで負け、後攻スタート!

ちなみに今回のシールド戦は先行かなり有利らしく出だしから良くなかった。

相手のポケモンを見るとハガネで固めてきた感じだった。

序盤はこちらの引きがあり得ないくらいよくて山札からガンガンカードを引いていた。

中盤から気づいたら山札あと7枚くらい…。

ヤバい!!

ポケモンルールで山札からカードが引けなくなると負けというルールある…。

練習では引けずに負けなんてなかったから対処しようとしたがすでに遅し!

あと一匹相手のポケモンを倒せば勝ちだったのに…山札が引けなくなり負けてしまった…。

くっ…くそぉぉぉぉぉぉぅぅぅ!!

対戦相手も試合が終わった後、

「序盤の山札引きまくってくれたおかげで勝てました。」

「アレなかったら負けてましたよ。」

だって。

悔しい!!悔しいが…対戦相手の人は良い人だったので、そして楽しい試合だったので気分はなぜか清々しかった…。

負けてしまったがまだわからないぞ!

あと2戦勝てば得失点差で可能性はある!

次だ…。

二戦目!

二戦目の相手は物静かな青年…。

だが挨拶はしっかりしてくれて一戦目同様に親切な人だった…。

このグループは良い人ばっかで緊張はしたものの、あたりも強くなく、本当に楽しくプレイできた。

ジャンケンはまた負けて後攻…。ジャンケン弱っ!

試合が始まり、固まった…。

相手は『電気』だ…。

こちらのトゲキッスは電気が弱点…。

攻撃されるとダメージが2倍になる…。

くっ!こうなるとうちのメインアタッカーが出しづらくなり優位に進めれなかった。

しかし二戦目もあと一匹というところまで来た!

こちらのトゲキッスVmaxで攻撃して山札から好きなカードを2枚持ってこれるという技を使い、

次の一手でとどめをさせるカードも揃って勝ちを確信した!

だが!!

相手の次のターン!

マリィだ…。

マリィはお互いの手札を山札に戻して配りなおすというサポートだ…。

これによりボクの揃えたカードは山札に…

なすすべがなくなり逆にとどめを刺された…。

2敗…もう予選突破の可能性はなくなった。

試合後に対戦相手が

「トゲキッスでポケモンキャッチャーとか持ってきましたか?危なかったですぅ。」

マスクはしていたが分かりました…確実に勝ち誇った顔をしていたことを!!

そして!最後の「すぅ。」!くそぉぉぉぁぉ!

悔しい!!これが経験の差か!!

やはり初心者が手を出してはいけない領域だったか…。

そう思い残りあと一戦…。

もう心はボッキボキに折れていた。

三戦目の数分前

二戦目はかなり早く終わり、みんなの対戦が終わるのを待っていた。

対戦のスタートはみんな同時に行うので、その間は待っている時間があった。

ボクのグループも対戦が終わっていて、次の相手は2連勝している相手だった…。

グループは4人で総当たり戦。

なので3勝すると文句なしの予選突破だ。

ボクが対戦した相手両方に勝ってる人が次の対戦相手か…。

心が折れているボクにさらなる追い討ち…。

もうどうにでもしてくれ…。

もう棄権をしていっそ試合放棄してしまおうか…。

いろいろ考えていたが、時間はすぐにきてしまった。

三戦目の相手が対面に座り最後の試合が始まろうとしていた…。

さて…挨拶をして始めよう…。

そうだ挨拶だけはしっかりして結果どうなろうと悔いの残らないようにしよう!

「よろしくお願いします!!」

今までの試合の中でも一番の声を出して言った。

………あれ……?

相手の声が聞こえなかったぞ…。

ボクの声が聞こえてなかったのかな?

もう一度しっかり声を出して挨拶した。

するとボソボソ…となにかを言って体をかすかに曲げた。

……ん~まぁマスクしてるし聞こえづらかったけど挨拶してくれたよねぇぇ????

少し引っかかるところもあるけどまぁ気を取り直して…

どんな人だろうと思い、最後の対戦相手をまじまじと見た…。

あ!コイツガチな奴だ!

シャッフルの仕方でわかる!!

以前にも他の場所でポケカバトルをした時も同じシャッフルしてる奴いた!

そーゆー奴に限って初心者に厳しくて、少しミスしただけで、さも鬼の首を取ったかのように雄叫びを上げ、ルールも知らんのかこのザコがぁ!出直して帰ってきても二度とこの地をその汚い足で踏んでくれるなぁぁ!!

と言ってきそうなやからの人種だ。

マジかよ…と思いつつも最終戦だし、気持ちよく楽しくプレイしたいと思って、少し声をかけてみた…。

「そのシャッフルの仕方すごいですね!めっちゃかっこいいです!それって…」

と言ってる途中で話しかけんな的なジェスチャーで返された…。

しかも自分は2連勝。相手は2連敗てのも分かっていて確実にナメてやがる!!

なんだコイツ!!!

その瞬間折れていた心が奥の奥から無理やり治っていくのを感じた!!

コイツにだけは負けてたまるかぁぁぉ!!!

再び俺の魂が震え不屈の精神が蘇った!

三戦目!!!!

絶対に負けられない戦いが今始まった…!

まずはジャンケンだ…!!

コイツにだけは負けない!!

というかこれに負けたらジャンケンで3連敗…。それはそれで嫌だ…!

ジャンケン…俺はグー!!!相手はパー!!

くそぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!

また後攻スタート!ちきしょう!!!

相手があいてだけに気持ちも力も入る!!

気を取り直して手札を取る!

たねポケモンは…いる!よしっ!

ダンバル!ザルード!

よし!スタートはバトル場にダンバル!ベンチにザルードを出し相手を待つ…。

……ん?遅いなぁ?

あ…やっと決まったかな?ん?まだか?

相手は何やら長考してる…。

え?スタートから?

一枚をバトル場に出したり戻したり、そんなことある?

はっ!ガチな奴はそーゆーもんなのか?!

こちらの最初の出した手を確認してから後出しでいろいろ戦略を練っているのか?!

だとしても1枚だろぉぉ???

悩む必要あるかぁ???

あまりに長考するもんだからこちらも意味もなく出したり戻したりしていた笑。

やっとスタート!

長かったがやっと決まったらしく、試合が始まった…!

体感で5分くらい…!

長っ!

しかも変わらず相手は1枚出し!何を考えていたのか…。

表にしたポケモンを確認!

こちらはダンバル!

相手は…ビードル!

おぉ!なんかいけそうだ!

先攻の相手のターンエネをビードルにつけてターンが返ってくる…。

…声を出さずジェスチャーでターンを返してきた…。

イメージは下手くそな古畑任三郎の真似をする奴の身振り手振り…。

いちいちかんにさわるぜ…。

こちらのターン。

ダンバルにエネをつけて仲間をよぶを使い、

山札からトゲキッスVとマッギョをベンチに出し、ターンを返した。

相手のターン。

ビードルのむしのよかんを使い。山札から草ポケモンを持ってきて手札に入れてターン終了。

この間、相手は声を出さずに淡々と進めてる。

ポケカに慣れてない人だと声に出してくれないと何をやってるのか分からない。

ガチな奴はこれだからイヤなんだよ…!

初心者で知らない方が悪!みたいな感じで進めてきやがる!

イライラしながらもこちらのターン!

ダンバルにエネを張り体当たりでダメカンを2つ乗せターンを返す!

ビードルはHP40なのであと20!

だが次の相手のターンでベンチにポケモンが並ぶ…。セレビィとダダリンが出てきた!

ダダリンに特殊エネをつけてターン終了!

ダダリンは特殊エネがついていると攻撃力が上がる技を持っている!厄介だ!

この後何ターンか続いて、相手のターン!

エネが溜まったダダリンでこちらのバトル場にいたダメカンの3つ乗ったマッギョを攻撃されて倒された!くっ!

だが!マッギョの特性はんげきで相手にもダメージが当たる効果がある!

…………ん?相手がダメカンをのせないぞ?

しばらくのせないので

「あのぉダメカンを…」

と言いかけると知ってると言わんばかりのジェスチャーでハイハイ!やりますよぉ~!みたいな感じにしてる…。

まぁ忘れてたなんてことは誰にでもあるからなぁと思い、試合を続ける…。

次にゴツゴツメットをつけたトゲキッスVmaxをバトル場に出した時、

疑惑が確信に変わった…。

相手から攻撃を受けた時、ゴツゴツメットをつけていると相手にもダメカンが2つ乗るのだが、乗せる気配がない…。

マジかよ…。コイツ言わなきゃやらないタイプのやつやん。

言わない方が悪いですよねスタンスのやつやん。

ガチやん。ガチガチやぁーーーん!!

だからほんとにイヤなんだよガチのやつぁ!

結局試合はこちらのトゲキッスが圧倒して、相手は手札に恵まれず、5分くらいの長考の末、

最後まで戦い切らずに降参!

どう見ても詰んでたので降参したんだと思ったけど、何言ってるかわからなかったので、何度も聞き返してやりました!

「え?なんて?」

「あなたの番ですよ?」

「え?ありません?あぁ降参ですか?」

大人気なかったですが、こちらもいろいろ溜まってたんで笑。

結果!

ボクの戦績は1勝2敗。

ガチの奴は得失点差(しかも1点差)で予選突破できず敗退!

結局一戦目で対戦した人が勝ち上がりトーナメントに進んだ。

ガチな奴に勝ちそいつの悔しそうな顔を見れた時、不思議と今までの悔しさは消え、

結果負けているのになぜか清々しい気持ちになっていた…。

やるなポケカ!

また来年も挑戦するぜ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました