『DIY』モノリス(解決編)シホウアリツギ

昼に起きた。

昨日、とてつもない敗北感を味わった気がするが覚えてはいない。

コーヒーの良い香りがする。

弟2人がボードゲームで勝った負けたしてる。

おはよ、と声をかけて淹れてもらったコーヒーを飲む。美味しい。

なんで次男の店は繁盛しないのか?

美味しいコーヒー以外に何かあればいいのにな。だが、店が繁盛すれば、弟は工房に来られなくなることを知ってる兄は、深くは関わらない…。

ボードゲームの勝負が終わったのか、2人の興味は隅に置いてあったスコップに向いている。

「世界を救うのか?」みたいなことを言ってる。

いつもみたいに道具に名前は付けないのかと聞かれて、適当に『モグリュー』と答えた。

そういえば彼らに聞くことがあった。

昨日もらったベニヤ板の絵を見せて、

「意味が分かるか?」と聞く。

f:id:GUILDONE:20200711214500j:image

次男がベニヤを裏返して絵を描き始める。

f:id:GUILDONE:20200711214729j:image

何度も書き直して出来上がった絵を見て、

彼の絵心の乏しさに、心が痛んだ。

要は『組み木』らしい。

木材同士をつなぎ合わせるときに釘やビスを使わなくても、絵のようにスライドさせて組み付けることで木材同士をつなげる事ができる。

ん〜、弟の描いた絵を説明付きで見ると理解できた。

ベニヤに書かれた左側は『可能』たしかに!

じゃあ右側の絵は?

「これ、無理でしょ?」でも、この組み付けを外す事が可能だから問題にしてるんだろうな…

ではどうやって?

この未知の物体を『モノリス』と名付け、

実際に工房で作らないか?と持ちかける。

……はい、2人ともお兄ちゃんを無視しました〜。

2人は真剣に絵を見て無言で何やら考えている。

コーヒーでも飲もう…。

「モノリス」って意味は私もよく知らない。

昔、「モンスターファーム」ってゲームで

モノリスってキャラがいて、未知の物質、

石柱みたいなものをそう呼ぶ。って言ってたからネーミングしてみた。

特に意味はない…。

突然、2人同時に「あっ!!」と叫んだ。

三男はかなり興奮して、すげ〜すげ〜

言ってる。

次男もヘェ〜とかオオォ〜とか唸っている。

「分かったのか?どうなんだ?」と聞くと

三男が片手を上げて叫ぶ!

『ナンナ メニーズ ラースッ!!』

同時に次男も何か言おうとしたが、     ニヤリとして口をつぐんだ。       「おい!なんて?」三男に呼びかけたが、  喜びのあまり(?)どこかの覇王みたいに拳を天に突き上げて笑顔で固まっている…。   こいつはダメだ、一片の悔いも無いようだ…。

次男も分かった風なので答えを聞いてみたが よほど「ナンナ・メニーズ・ラース」が   気に入ったのか?             口をとがらせてフゥーフゥーと口笛を吹いて 答えをごまかしている。吹けてないぞ…。

「モノリス」制作にあたって、この2人の反応からみると『作る事が可能!』という事だ。

モノリスを2つに外す方法は、引っ張ってもダメそうだから、次男の説明通りスライドさせて外すのが正解なのだろう…。ん?      もしかしたら3つや4つに分解できるのか?

絵心がないと言われた次男は固まっている三男をモデルに絵の練習をはじめている。

こちらに背を向けてシカト状態だ。

いや、このベニヤの絵には何個も分解できるような線は描いていない、やはりズラして木を外すんだ…な?

『ずらす?』この固まっている世紀末覇王が先ほど叫んでいなかったか?

『ナンナ・メニー・ズラス』と…?

「なんなめにずらす…?」

背を向けていた次男がピクッと声に反応し、「ニタァリ…」と不気味な笑顔で振り返る…

『あっ⁉︎』 拳王様は『斜めにズラす!』   と言ったんだ! まてまてまて!

この絵で木の継ぎ目通りに斜めにズラす事はできるのか?…できる! 私は拳を上げようとして、慌てて自分を制した。

危ない…私も固まるとこだった…。

たしかに斜めにスライドさせれば、外せる事ができる! 絵を描いて確認、よしこれで「モノリスを作る事ができる!

すぐにでも作ってみたいが、あいにく手頃な材料が無い。

本当は鉄柱を加工したいが、技術的に不可能! 手ごろな木材もないから、発泡スチロールで作っちゃお!

まずは四角柱の発泡スチロールを切るためのラインをペンで下書き。

おもむろにカッターを入れる…。       あ、カッターは、えー…『ピチュー!』    君に決めた! いけ!アイアンテール!

ちょっ⁉︎ まてっ!ピチュー待ってくれ!

削るところを❌したが、これではダメではないか⁉︎ ふぅ…。失敗するところだった…。    気を取り直して…。いけ〜‼︎

モノリスのカット作業終わり!        この2つが上手く組み合ってくれれば、検証終了なんだが…。

『で…できた…。私の推測は正しかった!   金髪の弟子になんとかひと泡吹かしてやることができた…。

ちょっとマーキングしてみる…こんな感じで組み付けができた。うむ、金髪の弟子の絵とも一致!大工はコレを木で作るというのか…。恐るべき技術だな…。

とりあえず、今回の謎の解明も、検証も完了したという事で、今日は帰るとしますか…。

冷めた飲みかけのコーヒーを飲み干して帰り支度をする。

片手を上げて固まってる弟と、絵を描き続けてる弟は、そのままそっとしておいてやろう。

もう15:00…。オヤツはなに食べようかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました